なつぞらに出演のチームナックス音尾琢真の役どころは?戸村菊介の役柄の詳細ついても

なつぞらに出演しているチームナックス音尾琢真の役どころについて紹介します。

音尾琢真は主人公の奥原なつ(広瀬すず)が育てられている柴田牧場の従業員戸村悠吉の息子で一緒に働いている戸村菊介を演じています。

戸村 菊介は、十勝の牧場場面では毎回のように出演しています。

 

なつぞら音尾琢真の戸村菊介の役柄について

音尾琢真が演じる戸村菊介(とむらきくすけ)は、柴田牧場で働く柴田泰樹の右腕的な存在の戸村悠吉(とむらゆうきち)の息子です。

貧しい開拓農家に生まれた戸村悠吉は、たまたま泰樹の酪農を手伝いに来て、泰樹の情熱に惹かれました。

そしてそのまま居座ります。

その戸村悠吉の息子が戸村菊介です。
彼も一緒に父戸村祐介と泰樹の柴田牧場で働くことに。

その気さくな性格は、身近なおじさんとしてなつや柴田家のみんなをいつも和ませてくれる存在です。

菊介のユーモアのある物言いはどこか温かなものを感じさせてくれ、なくてはならない存在となっています。

 

音尾琢真の人気はチームナックスとドラマで注目

音尾琢真の人気が上がってきたのは、チームナックスが注目されてきたことの他に、ドラマの出演が大きいと言われています。

音尾琢真はそもそもチームナックスでは末っ子ということも大きいです。

そして日曜劇場など注目されるドラマへの出演が次々とありました。

二宮和也が出演の『ブラックペアン』では、医師の役を。

池井戸潤原作でと竹内涼真出演の『陸王』では、熱血指導者役を見事に個性的に演じ注目されました。

 

音尾琢真の身長などのプロフィールについて

音尾琢真の身長などについてのプロフィールについてまとめました。

音尾さんは今や北海道を代表する演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーです。

札幌を拠点にスタートするも活動は全国に広がり、舞台や映画、ドラマなどで活躍中。

ラジオでのパーソナリティや作詞作曲も手がけるなど、マルチな才能の持ち主です。

 

音尾琢真プロフィール

生年月日   :1976年3月21日
出身地    :北海道旭川市
血液型    :O型
身長     :170.0cm
足のサイズ  :26.5cm

 

音尾琢真映画主な出演作品

音尾琢真出演の映画作品についてですが、2003年の鈴井貴之監督作品『river』をスタートに年々多くの作品に出演するようになりました。

昨今の話題作で2018年には4つの作品に出演しています

 

主な映画作品

「river」(’03)
「ハウルの動く城」(’04)(声優出演)
「アフタースクール」(’08)
「銀色の雨」(’09)
「ジーン・ワルツ」(’11)
「アンダルシア~女神の報復」(’11)
「思い出のマーニー」(’14)
「起終点駅 ターミナル」(’15)
「日本で一番悪い奴ら」(’16)
「金メダル男」(’16)
「森山中教習所」(’16)
「無限の住人」(’17)
「たたら侍」(’17)
「関ヶ原」(’17)
「サニー/32」(’17)
「ラブ×ドック」(’18)
「孤狼の血」(’18)
「検察側の罪人」(’18)
「止められるか、俺たちを」(’18)
そして2019年には「7つの会議」。

 

その他の活躍

TV

レギュラー : HTB「ハナタレックス」毎週木曜日 24:15~24:45

ドラマなど多数

CM
ESSAY
BOOK
OTHER

など多数あり。

 

まとめ

昨今大活躍のチームナックス音尾琢真さんですが、NHKの朝の連続ドラマなつぞらでもその存在感を出しています。

さらに個性派として様々な役柄に挑戦し、活動範囲も北海道から全国へと広げています。

広瀬すずさん主演のなつぞらでは、十勝の牧場での出演場面は意外と多い印象です。

何気ない会話から音尾さんの顔のイメージとはまた違ったちょっと面白会話も楽しめて、
音尾さんの出演作品をもっと見たいと思いました。

チームナックスでの活動と音尾琢真としての俳優などの活躍にこれからも期待が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA