猫用の自動給水器のメリット・デメリットを紹介!電気代や使い心地など体験談まとめ

 

猫の飲み水を増やすために自動給水器を購入しました。
そのメリット・デメリットを紹介します。
猫の健康のためには、フードと同じように大切なのは水です。

 

なるべく新鮮な水を飲ませてあげて、病気予防にも気をつけたい飼い主さんも多いでしょう。
愛猫はとても気に入っているので、猫とお水や自動浄水器についてまとめてみました。


 

猫や犬などペットの水飲み器 自動給水器のメリット・デメリット

自動給水器のメリット

  • 猫の飲み水の量を増やして病気予防につなげられる
  • 家をあける時でも新鮮な水をあげることができる
  • いつもより長時間留守のときの飲み水の不足を防止
  • 猫の水分摂取量を管理しやすい
  • 動きのある水を飲むのを好む猫にピッタリ
  • 水の動きを眺めたりたまに触って楽しむことができる

自動給水器のデメリット

  • 費用がかかる 自動給水器の価格で多いのは3000~4000円代

他にフィルター交換代 電気代

  • 定期的に洗浄が必要
  • 動きのある水が嫌いな猫には合わない
  • 水で遊んで周りをぬらすこともある

 

蛇口から流れる水を飲む猫もいますが、うちの愛猫も大好きです。

自動給水器があると留守の時も新鮮な水を多く飲ませてあげられると思い、
amazonで購入しました。

 

自動給水器を選ぶ基準

  • 価格
  • 大きさ
  • 手入れの簡単さ
  • 交換用フィルターがあるか

 

 

水が出る部分がシャワータイプのものや取り外せるものなど使い方が変えられると便利です。

 

 

猫の飲み水の一日に必要な目安

 

猫の飲み水として一日に必要な目安は約50~70ml ×体重(kg)と言われています。

もともと猫は砂漠地帯に住む動物だったので、あまり多くの水を飲まないことは
知っている方も多いことでしょう。

猫に飲み水を多く飲ませることは病気予防にもつながります。

その反面、いつもと違う水の飲み過ぎは、病気のサインの場合もあります。

猫の飲み水の摂取量は日頃から、ある程度管理しておきましょう。

 

猫の好みの水の飲み方に合わせてあげる

 

猫が好む水の飲み方は様々なものがあります。

 

いつもの水飲み容器で飲む
お風呂場や洗面所の水が好き
蛇口から流れる動きのある水が大好き  などなど。

 

衛生的に問題なければ猫の好きな飲み方で飲ませてあげるのがBESTです。

蛇口から流れる動きのある水が好きな猫は多いので、自動給水器もおすすめです。

 

猫の飲み水は水道水でOK!

 

猫の飲み水は水道水でOKです。

ミネラルウォーターは、猫には合わず病気の原因となってしまうこともあるので
あげないようにしましょう。

 

自動給水器にタイマーをつけてみた

 

 

自動給水器に家電量販店で一番安いタイマーを購入してつけてみました。

そうすると、電気代の節約にもなって、留守のときもセットした時間に水が流れます。

 

スイッチが入ると猫は注目!

そろそろと近づいてきて、水を飲んだり眺めたりしています。

タイマーは家電量販店で約1000円前後でした。

 

まとめ

 

猫の水飲み器を買ってみて使用してみた感想は、猫が水の動きに関心を持ち、
癒やし効果?や興味を持ち楽しんでいる様子で購入して良かったと思っています。

 

流れる水をちょっとさわっては楽しんでいる様子も。

 

愛猫は水道の蛇口から水を飲みたがる猫なので、留守のときも流れる水を飲むことができるようになりました。

飲み水の量も以前よりは増えました。

 

流れる水を好む猫には、自動給水器には水の摂取量を増やすだけではなく、
猫が楽しむ要素もあるのではないかと思いました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA