老後の貯金がない!金融庁の2000万円貯蓄問題をきっかけに真剣に考える

老後の貯金がないと不安に思っていませんか?
実は私はとても不安でしたが、そんな時に金融庁の2000万円貯蓄問題が話題になりました。

えっ??っと思った方は多かったでしょう。
でもこの老後に2000万円という問題をきっけに私は真剣にお金について学びたいと思いました。

 

金融庁の2000万円発言とは?

そもそも話題の金融庁2000万円問題とは、金融庁が長寿化で退職後95歳まで生きるには、公的年金の他に2000万円が不足するという資産運用についての内容を報告書にまとめたという件。

その後様々な反響もあり、麻生氏がこの金融庁2000万円問題について「不適切だった」と釈明しました。

実際に公的年金もあてにならず、ましてひと昔とは生活レベルやお金の価値観も違いますよね。

長寿化に加えて非正規労働者問題や公的年金一本化問題などたくさんの問題もあります。

このことから、金融庁の2000万円貯蓄問題をきかっけに自分でもお金について勉強が必要だと思いました。

 

女性のためのマネーセミナーに出かけて勉強するのは何歳からでも!

女性のためのマネーセミナーは実はけっこうあります。

お金の講座やマネーセミナーに出かけて勉強するのに年齢は関係ありません。

何歳からでも大丈夫!

新聞やインターネットなどで見かけけたことはありませんか?

少し気になっても、実際には仕事や予定があったり、興味がそれほどでもないとあまり行動にまではうつしませんよね。

でもお金ってとても大切なものだからこそ、勉強が必要なんだと思います。

日本人は小さな頃からお金について勉強する機会がないと言われてきました。

お金のことを口にするのは恥ずかしい、お金を持つのはなんとなく悪いものみたいに思われてきたように感じます。

ただ勉強したり真剣に考え取り組んでみることで、増やしたり節約したり投資したりと様々なことがわかってきます。

お金の流れも今の時代にあった生かし方が必要ですよね。

 

40代独身の女性は貯金について自己流ではなくきちんとした勉強を!

40代の独身女性などは、特に貯金などについて自己流ではなくきちんとした勉強することは大切だと思います。

なぜなら、今だからこそ金融情勢がかなり変化しているからです。

それに加えて、簡単に情報が手に入る時代なので、誤った情報にも気づかずにいることも考えられます。

大切なお金だからこそ、しっかりとした正しい知識で自分の財産を築いていく必要があります。

 

マネーセミナーは50代からでも遅くない!

マネーセミナーは50代からでもぜんぜん遅くはありません。

50代はそれまでも出費が多く、これからはさらに具体的に老後資金を考える必要があるからです。

それまで、お子さんの学費や住宅ローンなどたくさんの必要資金を抱えてきた方が多い年代です。

お金がないと思うのはほとんどの方が一緒ではないでしょうか。

今お金がないからとこのままズルズルいくのか、ないならないなりにこれからどうしていくのか。

その考え方、取り組み方次第で老後の貯金に大きな差が出てきます。

 

セミナーは無料でやっているものは損はない!

セミナーは無料でやっているものなら行ってみても損はないと思います。

高額のセミナーなどは敷居も高く費用対効果が心配ですが、無料なら安心ですよね。

自分が参加することで必要な知識を蓄えられたらそれでOK。

もし個別に相談したいことがあれば、申し込みできるセミナーは多いです。

個別相談では、ファイナンシャルプランナーがそれぞれのライフプランニングに基づいてアドバイスをしてくれます。

 

まとめ

以前少しお金について勉強していた時期がありました。

でも時代とともに、変わっていくんですよね。

10年前に100円で買えたものが、今はほとんどのものが100円では買えません。

同じ金額でも、実際の内容量が少なくなっていたり、小さくなっていたり。

金利も時代とともに大きく変動しています。

これから老後を生きていくためにも今を生きるためにも、お金のことをしっかりと勉強することは必要です。

そしてお子さんがいる方などは、自分のお子さんにもその正しい知識を教えていくことです。

独身の方は自分の大切な財産をどう生かしていくのかを考えるきっかけにしてほしいと思います。

女性のためのマネーセミナーは一人でも参加しやすい環境にあります。

今まで避けていた問題も、少しでも早く取り組むことで今後大きな差がでてくることはさけられません。

いつからでも勉強することに遅いということはないのです。

女性のためのマネーセミナー | スクロール主催/参加無料‎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA