新聞紙を使ったお掃除は手抜きでもガラスもピカピカ

お掃除を好きな人は別として、できれば簡単に楽チンにできるだけ
お金もかけずにできるといいと思いませんか?
いつも読む新聞を使ってズボラな人でも簡単にきれいに出来る方法です。

 

★新聞紙でガラスふき

すでに知っている方も、忘れていた方も、まだ知らない方も、
新聞さえあればお金をかけずにきれいになるので、
節約を兼ねて楽々きれいにしませんか?

まずは窓ガラスです。
これは、昔から言われているので、すでにやってるよ~という方も
多いかもしれません。
新聞紙さえあればできるので、便利です。

新聞紙をくちゃっと丸めて、その上にもう一枚で覆ったものを
2つ作ります。
一つは、適度に水でぬらします。
もう一つは、そのまま乾いたままにしておきます。

窓ガラスを濡れた新聞紙で拭いていきます。
そうすると、新聞紙のインクのおかげできれいになります。
雑巾で拭くのと違って布の繊維あとも残りません。

そのあと、乾いているもう一つの新聞紙で水分をとっていくのと
汚れを残さないように拭いていくときれいになりますよ。

でもそこで注意したいのが、手を汚さないためには、
ゴム手など手袋を履くことです。
以前、何も履かずにそのままやっていたら
最後にとんでもなく手が汚くなって、なかなか落ちないことがありました。
くれぐれも気をつけてくださいね。

★揚げ物の油を新聞紙で吸収

揚げ物をして汚れてもう使えそうもない油は、
新聞紙に吸わせてまとめてゴミへ捨てると、
ベトベトせずに簡単に片付けできます。

★水道の蛇口を新聞紙で磨く

水道のバルブ部分には、調理途中でさわった時の汚れがついています。
そこで新聞紙で拭いて汚れを落とすと、
新聞紙の油のインク部分が油汚れを分解してきれいにしてくれます。

蛇口も新聞紙できれいになります。
ノズル部分もピカピカにできちゃいますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA