ニセコチーズ空など多数受賞作品を作るニセコチーズ工房の詳細と手作りチーズレビューも

ニセコチーズ空はブルーチーズ日本一など多数の受賞作品を作っているニセコのチーズ工房有限会社です。

その中にはJAL国際線にも使われている二世古椛【momiji】があります。

大自然が育てたニセコチーズ工房の真心を込めて作られた手作りチーズ。
そのニセコチーズ工房についての詳細と手作りチーズをレビューしました。

北海道のチーズでも受賞作品多数のニセコチーズ工房のチーズたち

北海道のチーズでも受賞作品が多数あるニセコチーズ工房有限会社は小さなお店です。

そんな小さなお店ですが、とても美味しいチーズという製造業で実は有名なお店です。

ニセコチーズ工房のチーズでも受賞歴のあるチーズはたくさんあります。

 

ニセコチーズ工房の受賞歴のあるチーズたち

  • 二世古 空【ku:】
    Japan Cheese Award 2016 最優秀部門賞・金賞
    2013年 All Japan ナチュラルチーズコンテスト優秀賞受賞

 

  • 二世古 雪花【sekka】パパイヤ&パイナップル
    Japan Cheese Award 2016 最優秀部門賞・銀賞
    フレッシュバラエティ部門 日本一

 

  • 二世古 椛【momiji】
    Japan Cheese Award 2016 最優秀部門賞・金賞
    日本航空国際ファーストクラスに採用

 

  • 二世古 粉雪【kona yuki】
    Japan Cheese Award 2016 銅賞

 

  • 二世古 マルセラン
    日本航空国際線ファーストクラスに採用

 

  • 二世古ミモレット(クラッシュタイプ)
    Japan Cheese Award 2014 銅賞

 

  • 二世古 空【ku:】超熱
    Japan Cheese Award 2014 銅賞

 

ニセコチーズ工房のカマンベールは中がとろ~りクリーミー

 

ニセコチーズ工房のカマンベールは中がとろ~りとろけるようなクリーミーな味わい。
外側はカマンベール独特なしっかりした感じです。

切ってみると中のチーズがトロ~リと流れてくるくらいクリーミー。

なぜか切ってすぐに食べた味と、切り分けて置いておいてあとから食べる味わいはちょっと変わります。

クリーミーなところは変わらないのに、あとから食べるほうが味わい深い感じです。
さらに美味しさが広がるよう。

真っ白く一見ハードに感じられる外側のチーズと中のとろ~り感のギャップ。
そのアンバランスさがまた深い味わいをもたらしています。

カマンベールチーズも人気の商品です。

ニセコチーズ工房有限会社はオープン当初から今でも人気

ニセコチーズ工房有限会社はオープン当初から今でも変わらない盛況ぶりで人気です。

代表取締役の近藤孝志さんと息子さんが作る手作りのチーズです。

ニセコチーズ工房オープンは平成15年。
オーナーの近藤さんと奥様の2人でオープンさせたというチーズ工房です。

当時の10数年前はまだチーズ工房が少なかったそうですが、その時から予想以上に盛況だったそうです。

作るのが追いつかなくてプライベートブランドのスイーツを販売してしのいでいた時期もあるとのこと。

しっかり感じられるチーズをテーマに常に新しいレシピを考案しているそうです。

現在の取扱は14種類ほど。
中でもブルーチーズの「空」やデザートチーズ「雪花」は高い評価を受けています。

 

まとめ

ニセコチーズ工房有限会社は、小さなお店から今では大きな注目を集めるチーズ工房となりました。

昨今ニセコは世界から注目される富裕層が集まるスキー環境となっていて、ニセコチーズ工房もさらに注目を集めています。

ニセコチーズ工房のチーズは、ニセコの大自然と手作りの真心のこもったチーズが持ち味。

今では道内外のレストランや日本航空国際線などでも採用されるチーズとなりました。

見て食べてみてその大自然のスケールとおおらかさと、チーズの味わい。
何とも言えないおいしさがいっぱいつまったチーズです。

新しいチーズレシピが増えていくこともまた楽しみです。

 

 

ニセコチーズ工房 有限会社

住所:北海道虻田郡ニセコ町曽我263-14
℡ :0136-44-2188
http://www.niseko-cheese.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA