野菜・果物の保存方法 常温・冷蔵・冷凍庫どこにしまう?

食べ物を買ってきたら、
すぐ何でも冷蔵庫へ入れておけば安心なんて思っていませんか?
でも、食べ物によって適切な場所へしまうことで、鮮度はかなり保つことができます。

野菜や果物は、冷蔵した方が良いものとそうでないものがあります。
常温(冷暗所)で保存した方が長持ちする野菜>

・風通しの良い涼しい場所

サツマイモ・タマネギ・ナス・カボチャ・ニンニク
南国フルーツ

タマネギやニンニクは吊るしておいたり、
カゴに入れてもいい

バナナは、バナナスタンドなど(針金ハンガーを曲げた手軽なものでも)で浮かせる

・新聞紙包んで冷暗所

イモ類
ジャガイモは袋に入れずにリンゴと一緒にすると発芽遅くなる

・新聞紙に包んで立てて保存
大根・ゴボウ

野菜室で保存した方が長持ちする野菜>

カットしたカボチャ・・・ワタと種をとってサランラップで包んで冷蔵庫

ブロッコリー・アスパラ・・・・・・そのままラップに包んで立てかける

カットしたニンジン・タマネギ・・・ラップして切り口を上にして野菜室

葉野菜・・・・・・・・・葉野菜は、キッチンペーパーに水を含ませて
根本を包んでポリ袋へ入れたり、新聞紙で包み立てておく

セロリ・・・・・・・・・葉と茎にわける

トマト・・・・・・・・・ラップに包んだり、パックのままでも

キャベツ丸ごと・・・・・芯をくり抜きキッチンペーパーを水でぬらしてつめてラップで包む

冷蔵庫に何でも詰め込んでしまうと、
いつの間にかいっぱいになってしまい、電気代もムダになってしまいます。

冷蔵庫を使わない方が良い野菜や果物は、
常温で保存することで、長持ち(日持ち)します。

そのため、何でもとりあえず冷蔵庫へ・・という習慣はやめて、
少しでも野菜や果物を長持ちさせるようにしたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA